再生素材製品とは?廃棄を減らして循環型の社会へ

再生素材とは?ノベルティや記念品、オリジナルグッズを再生素材製品に変えるメリット

近年、再生素材製品をノベルティや記念品・オリジナルグッズにする企業が増加傾向にあります。地球環境に配慮し、SDGsの目標達成に貢献できる再生素材を使用した製品をノベルティなどにすることで、効果的に企業のイメージアップを目指せるからです。

昨今では、企業の社会貢献の度合いが投資基準となるESG投資が、日本でも一般的になってきています。こういった社会情勢の変化を踏まえると、ノベルティなどを販売促進だけでなく社会貢献のアピールにも使えることは、大きな意味のあることと言えるでしょう。

今回ご紹介していく再生素材とは、一度製品化し不要になったものや、製造の工程で発生した廃材などをリサイクルすることで、再度製品づくりに利用できるよう処理したもののことです。

本来、廃棄されるはずだったものが新たな原材料として生まれ変わる再生素材を積極的に使うことは、廃棄物の減量につながります。現在、注目が集まっているサーキュラーエコノミーを実現するうえでも、重要な役割を果たす素材なのです。

代表的な再生素材には、再生プラスチック・再生紙・再生繊維などがあります。いずれも、大量消費・大量廃棄が課題となっている素材です。特に、プラスチックについては、2022年(令和4年)4月1日から施行されている「プラスチック資源循環促進法」との関係も深く、タイムリーな素材と言えます。

ここでは、このように、現在大注目の再生素材をビジネスで上手に活用するために把握しておくべき基礎知識として、以下の内容を説明していきます。

▼再生素材の重要な基本ポイント

  • 再生素材とは、どういう素材なのか
  • 再生素材が注目される背景には、どのようなものがあるのか
  • 再生素材の具体例
  • 再生素材を利用した商品例
  • ノベルティや記念品・オリジナルグッズを、再生素材製品にするメリット

せっかくノベルティや記念品・オリジナルグッズを配布するなら、同じコストでも、多くの効果が得られるものを選びたいものです。今回ご紹介する再生素材の基礎知識を参考に、費用対効果の高いノベルティ選びに挑戦してみませんか?

再生素材とは?

オーガニックコットンとは?

再生素材とは、廃棄される予定であった製品などをリサイクル処理することで、再度、素材として使えるようにしたもののことです。
製品化して不要になったものや、製品をつくる過程で出た廃材などが、再生素材として生まれ変わります。使用済みのプラスチック容器や、衣類をつくる過程で出る端切れなどを、イメージしておくとよいでしょう。
再生素材には、複数の種類があります。代表的な再生素材は、再生プラスチック・再生紙・再生繊維です。

再生プラスチック
  • 一般的に、マテリアルリサイクルで製造されたものが再生プラスチックと呼ばれる
  • リサイクルプラスチックと呼ばれることもある
  • 世界的に問題となっているプラスチックごみの削減に効果的
再生紙
  • 古紙から取り出したパルプを原料としてつくられた紙類
  • 古紙由来のパルプの含有率はさまざまで、「再生紙使用Rマーク」をチェックすることで確認できる
再生繊維
  • 化学系と天然由来の2種類がある
  • 再生繊維にすることで、ごみを減らしたり資源を有効活用したりできるようになる

再生素材は、その種類によって特徴などが異なります。以下で、ポイントを絞って確認しておきましょう。なお、再生素材全体に共通するメリットとしては、①廃棄物の発生の抑制、②原料となる資源の枯渇を防止の2点が挙げられます。

再生プラスチックとは

オーガニックコットンとは?

再生プラスチックとは、ペットボトルやレジ袋・トレーなどのプラスチック製品を、そのまま素材として再利用しているものです。
プラスチックのリサイクル方法には、マテリアルリサイクル・ケミカルリサイクル・サーマルリサイクルの3種類があります。一般的には、このうち、マテリアルリサイクルする場合を再生プラスチックと呼びます。
参考までに、3種類のプラスチックのリサイクル方法について、簡潔に見ておきましょう。

【参考】マテリアルリサイクルとケミカルリサイクル・サーマルリサイクル

【マテリアルリサイクルとは】

  1. 回収した廃プラスチックを樹脂の種類別に分別
  2. 小さなチップ(ペレット)に粉砕し洗浄
  3. ペレットを熱で溶かすことで、新たな製品をつくることができる

【マテリアルリサイクルのメリット】

  • 資源を有効活用することができる

【マテリアルリサイクルのデメリット】

  • 分別や異物の除去に人件費がかかる

【参考】ケミカルリサイクル

  • 回収したプラスチックを化学処理して分解し、再利用する
  • ガス化したり、分子レベルまで分解して、プラスチック製品を製造することも可能
  • 分別は不要だが、非常に高度な技術が必要

【参考】サーマルリサイクル

  • 燃料として燃やし、発電などに利用する
  • コストをかけずに簡単にリサイクルできるが、二酸化炭素が発生する

再生プラスチックを利用することで、
・捨てるはずだったプラスチックを再利用するので、プラスチックごみを減らせる
・新たな石油資源を消費せずにプラスチック製品をつくれるので、石油資源の枯渇を防止できる
といったメリットがあります。

再生紙とは

オーガニックコットンとは?

再生紙とは、古紙から取り出したパルプを原料としてつくった紙類のことです。パルプを取り出す古紙の代表例として、牛乳パック・新聞紙・段ボールなどがあります。
古紙由来のパルプの含有率が僅かであっても、再生紙と呼ばれることに注意が必要です。なお、再生紙の古紙から取り出したパルプ含有率は、「再生紙使用Rマーク」を確認することで把握できます。例えば、100%古紙由来のパルプを使っている場合、「古紙パルプ配合率100%再生紙を使用」といった表記があります。

再生紙が使われている製品を積極的に選ぶことのメリットは、以下のとおりです。

  • 廃棄物の大半を占める紙ごみを減らすことにつながる
  • 紙の原料となる木材を伐採する量を減らすことができ、森林保護につながる

再生繊維とは

再生繊維には、化学系のものと天然由来のものの2種類があります。

化学系の再生繊維
  • 使用済みペットボトルなどを熱して溶かし、繊維状に形成してつくるポリエステル繊維
  • 再生繊維にすることで、プラスチックごみの抑制につながる
天然由来の再生繊維
  • コットンや樹皮などを化学処理して溶かし、繊維として再形成
  • 再生繊維にすることで、本来は繊維として使いにくい天然素材を有効活用することができる

再生繊維にすることで、ごみを減らしたり、資源を有効活用したりできるようになるため、化学系・天然由来どちらも環境保護に役立つと言えるでしょう。

なぜ再生素材が注目されるのか?

再生素材が注目されるようになった理由は、世界的な気候変動や、SDGsの目標達成の必要性が掲げられたことに伴うさまざまな社会的背景があるからです。ここでは、代表的な背景を3つ、確認してみましょう。

▼再生素材が注目される社会的背景の例

  • サーキュラーエコノミーの推進
  • ESG投資の広まり
  • プラスチック資源循環促進法の施行

サーキュラーエコノミーの推進

SDGsの目標達成の要請と関連し推進されるようになったサーキュラーエコノミーと再生素材には、深い関係性があります。
サーキュラーエコノミーとは、使い終わった製品を廃棄するのではなく、再度製品を製造する際の資源として活用し循環させることで、資源の枯渇などを防止できる経済活動のことです。
従来の、製品を製造・販売し使い終わったら廃棄するという一方通行のあり方では、経済活動を行えば行うほど、新たな資源を消費せねばなりませんでした。
これでは、限りある資源の枯渇や環境破壊につながってしまい、持続可能な発展が難しいので、サーキュラーエコノミーというあり方が日本でも推奨されるようになりました。
再生素材は、まさに資源を再利用し循環させる方法の一つであるため、注目が集まっています。

ESG投資の広まり

ESG投資とは、企業の環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)についても評価したうえで、投資判断をする投資のあり方です。
社会情勢の変動が激しい中で、短期的な利益のみで企業を評価することが難しくなり、安定性の高い企業を見極める指標として、世界的にESGに着目する投資家が増えています。
特に「環境(Environment)」では、その企業が環境問題の解決に対し、どの程度貢献しているかが重要になります。廃棄物の発生を抑制し、地球環境の保護につながる再生素材は、企業価値を高める一つのピースとしても活用が可能です。

プラスチック資源循環促進法

2022年(令和4年)4月1日から施行されている「プラスチック資源循環促進法」も、再生素材、特に再生プラスチックに注目が集まる一因と言えるでしょう。
同法は、海洋プラスチック問題解決やカーボンニュートラルの実現といった必要性を背景に、施行された法律です。プラスチック利用の抑制や、プラスチックを廃棄せず再利用することなどを、目的としています。
再生プラスチックは、廃プラスチックを再利用する効果的な手法であるため、注目が集まっていると言えるでしょう。

再生素材の例

それでは、再生素材にはどのようなものがあるのか、一般的によくある具体例を確認してみましょう。

再生プラスチック
  • 再生ペットボトル
  • 再生プラスチック(PP・PEなど樹脂の種類ごとに存在) など
再生紙
  • リサイクルペーパー(古紙パルプの含有率によって複数種類)など
再生繊維
  • 再生セルロース
  • 再生ポリエスエル
  • 再生不織布 など

上記の他にも、皮革の加工時にでる小片を樹脂などで成形したリサイクルレザーなど、さまざまな再生素材があります。
このような再生素材を、企業では実際にどのように活用されているのか、次章でご紹介しますので参考にしてみてください。

再生素材を使用した商品例

ここでは再生素材の活用例・商品例などをご紹介します。

再生プラスチックの活用事例として有名なのは、マクドナルドのリサイクルボックスです。マクドナルドでは、同社が提供するハッピーセットに付属するおもちゃの中で、プラスチック製のものを店頭のリサイクルボックスで回収し、再生プラスチックにしています。再生プラスチックは、マクドナルドで商品を提供する際のトレーや、リサイクルボックスに利用しています。

また、再生プラスチックを使った商品で話題になったのが、イヤホンとブランドバッグです。ソニーが2022年2月にリリースし人気を博した高価格帯の完全ワイヤレスイヤホンは、本体に再生プラスチックを使用するなど、サステナブル素材にこだわっています。

アニヤ・ハインドマーチというイギリスのブランドは、ペットボトルを原料とする再生プラスチックでつくったハンドバッグをヒットさせました。このバッグは、「I AM A Plastic Bag」というメッセージがデザインされた、再生プラスチック利用をアピールしていることが特徴の商品です。

さらに再生繊維では、ユニクロの「RE:UNIQLO」の取り組みが目を引きます。同社ではダウンジャケットをはじめとするユニクロ商品を回収し、再生繊維などに加工し、同社の製品づくりに活用しています。
以上のとおり多くの企業が、再生素材を、商品づくりや企業価値の向上に積極的に生かしていることがわかります。

参考
(マクドナルド):おもちゃリサイクル | ファミリー | マクドナルド公式 (mcdonalds.co.jp)
(イヤホンとブランドバッグ):再生プラスチックがヒット商品生む ソニーはイヤホン: 日本経済新聞
(ユニクロ):RE.UNIQLO:あなたのユニクロ、次に生かそう。| 服のチカラを

ノベルティや記念品、オリジナルグッズを再生素材製品にするメリット

ノベルティや記念品・イベントの物販品などのオリジナルグッズを再生素材製品にすることで、ノベルティや記念品を配布する企業・物販品を発売する側にも、受け取る側にも、メリットがあります。

【ノベルティや記念品を配布する企業・物販品を発売する側のメリット】

  • 再生素材のノベルティ類を選ぶことで、SDGsの目標達成や環境問題の解決など、社会に貢献することができる
  • 再生素材のノベルティ類を配布・販売することで、社会貢献できる企業として評価を高めることができる
  • 環境問題に配慮できる企業として、海外の投資家や取引先からの評価を高めることができる

【受け取る側・購入する側のメリット】

  • 再生素材のノベルティ類を受け取ることで、SDGsの目標達成や再生素材について知る機会を得ることができ、社会貢献のきっかけが得られる
  • 再生素材の物販品を購入することで、自らも社会貢献をすることができる
  • 受け取った、または購入した物販品などについて家族と話題にすることで、子どもへの教育などに役立てることができる

MARKLESS STYLEの再生素材を紹介

再生コットン

オーガニックコットンとは?

回収されたTシャツや生産中に生まれた生地の端切れを粉砕、再度撚って作ったのが再生コットン糸です。廃棄を生み出さない点に加え、すでに色がついた綿くずから作るので染色する必要もなく、CO2の削減・水の節約にもなります。シャンブリックシリーズはこの再生コットン糸を使った商品です。縦・横糸を違う色で織り込むことで実現した優しいカラーも魅力のシリーズです。

再生コットン商品を見る

再生PET・再生プラスチック

オーガニックコットンとは?

海洋汚染で問題となっているペットボトルなどのプラごみ。その削減の一つとして期待されるのが再生PET素材です。
回収されたペットボトルなどを洗浄・粉砕してペレットにした後、紡績して生地に仕上げた再生繊維です。当カタログではエコブランケットという商品で展開されています。

再生PET商品を見る

再生不織布

オーガニックコットンとは?

不織布の端切れなどを回収し、それらを溶かしてペレットにした上、再度シート状にしたものです。不織布は石油を原料とするため、その端切れをリサイクルすることは資源の節約と産業廃棄物の削減につながります。MARKLESS STYLEの再生不織布トートバッグは、環境負荷軽減の観点から、エコマークの認証を受けました。

再生不織布商品を見る

再生紙・リサイクルペーパー

オーガニックコットンとは?

再生紙は回収された古紙から作られるため、森林資源の節約につながります。
当カタログのリサイクルペーパー文具は表紙・中紙共に古紙パルプを70%以上配合した再生紙を使用。紙を多く使う日本だからこそ、こうした再生紙製品を選ぶ習慣が重要です。

再生紙・リサイクルペーパー商品を見る

リサイクルレザー

オーガニックコットンとは?

革は天然素材のため、実際に素材として使用できる部分は限られており、2~3割は廃棄されています。リサイクルレザーとは、そんな製造する際に出る革くずを繊維にし、樹脂と混ぜてシート状に加工した素材です。革が持つ風合いはそのままに、資源の有効利用、産業廃棄物の減少にも貢献するリサイクルレザー。ギフトにぴったりなブックカバーやフォトフレームなどで活用されています。

リサイクルレザー商品を見る

まとめ

再生素材には多様な種類があり、さまざまな製品に使われています。再生素材は、SDGsの目標達成や環境保護など、近年注目されている多くのトピックと深い関係があるのが特徴です。そのため、再生素材を活用することは、企業の価値やイメージアップにつながります。
まずは、ノベルティや記念品・オリジナルグッズに再生素材を取り入れることで、サステナブルな企業イメージづくりをはじめてみませんか。

関連コラム

プラスチック資源循環促進法とは? SDGsに取り組むメーカーが徹底解説!詳しくはこちら

商品やご購入については
下記よりお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

名入れ
出荷日目安

1色印刷
12/16(金)
フルカラー印刷
12/16(金)
クイック1色印刷
12/08(木)

カテゴリーから探す