ラッピングやギフト包装におすすめ巾着&バッグ

ラッピングやギフト包装に巾着やバッグがおすすめな理由

2020年7月1日にレジ袋有料化がスタートし、消費者のライフスタイルに変化が生まれています。
以下は、日本トレンドリサーチによる調査「レジ袋の有料化に関するアンケート」結果です。

参照:「レジ袋の有料化に関するアンケート
株式会社NEXER社

レジ袋の有料化に関するアンケート

レジ袋有料化によってライフスタイルに変化があったかという質問に対して、約半数の人はあったと回答。
どのような変化があったかの回答としては、

  • いつもエコバッグをカバンに入れる習慣ができた。(50代・女性)
  • アイスなどを買った時に、スプーンをもらうのをやめた。(50代・女性)
  • ゴミになるものを買わなくなった。(60代・男性)

などがありました。
これらを見ると、使い捨てのものは消費者から選ばれないという流れがどんどん加速していくのではないでしょうか。

そんな中、レジ袋有料化とともに見直されているものが、ラッピングやギフト包装です。
ラッピングやギフト包装においても、受け取ったら捨ててしまう使い捨てのものから、
環境に配慮されていたり、繰り返し長く使えるものに切り替える企業様が増えております。
それは、上記のような消費者のひとたちのライフスタイルの変化が急速に進んでいることが背景のひとつではないでしょうか。

ギフト市場のいま

それでは、ギフトの市場動向はどうなっているのでしょうか。 株式会社矢野経済研究所の調査結果によると、新型コロナウイルスの影響が大きくギフト贈呈機会が大幅に減少としつつも、「誕生日」「母の日」「父の日」といった、より近しい間柄で贈られるカジュアルギフトが好調に推移し、外出自粛により気軽に会えなくなったことで、コミュニケーション手段としてギフトが利用されるようになっている、と結果を公開しています。

参考:ギフト市場に関する調査(矢野経済研究所)

カジュアルギフトとは、誕生日や結婚記念日といった個人的な記念日や、バレンタイン、母の日など個人間でやりとりされるギフトのことです。
なかなか会うことができないかわりにカジュアルギフトを贈る、コミュニケーション手段のひとつとしてコロナ禍において注目されています。

フォーマルギフトでは、贈答用の箱に入れて包装紙で包むラッピングが主流かと思いますが、カジュアルギフトではコンパクトサイズのギフトも多く、巾着や小さいサイズのバッグがパッケージとしてご利用しやすく、また、写真映えもするためECサイト・通販サイトでも人気が高まっています。

おすすめバッグ&巾着

それでは、MARKLESS STYLEのパッケージ、ギフト包装におすすめなバッグ、巾着をご紹介します!

再生コットンを使用した巾着

生産中に生まれた生地の端切れを粉砕して再度撚って作った再生コットン糸を使用したエコ素材巾着

コットンリネン、ジュートという自然由来原料を使用したバッグ&巾着

成長速度の速い自然由来原料を使用した商品。ジュートはインテリアにも馴染み贈答用バッグとしても人気

ミニサイズのバッグ&巾着

手のひらサイズの巾着やミニサイズのバッグで可愛さがUP!もらったあとも小物入れなど単体で使用が可能。

もらったあとにお買い物バッグとしてもつかえるファッション性高いバッグ

トレンドを意識した形状のバッグは、ラッピングとしても最適。もらったあとにも使えて嬉しいギフトに。

福袋、ハッピーバッグ、お得なセットなど、商品を入れるバッグ

福袋など商品を包むバッグや巾着もエシカル素材や丈夫なバッグに切り替えてSDGsへの取り組みのひとつに。

まとめ

バッグや巾着とセットにすれば、印象に残るかわいいギフトになります。店舗資材としてご利用いただいたり、
名入れをしてオリジナルギフトパッケージを作成したり、限定ギフトセットのパッケージにしたり、ご利用用途は幅広くご対応が可能です。
ギフト需要の高まりに合わせて、ぜひラッピングやギフト包装におすすめな巾着やバッグをご検討ください!

SDGsに貢献するグッズを探す 巾着・ポーチをもっと探す

名入れ
出荷日目安

1色印刷
10/07(木)
フルカラー印刷
10/07(木)
クイック1色印刷
09/29(水)

カテゴリーから探す