備蓄品にも、記念品にも、ノベルティにもご利用用途が幅広いものに防災グッズがあります。
日本では常に防災対策が必要となっていますが、今ピークを迎えているのが夏~秋の台風シーズンに発生する大雨に対する防災準備です。
テレワークも増え社員の自宅の備えも重要となり、福利厚生として配布する企業様も増加しております。
MARKLESS STYLEではついに新商品の防災セットが登場!
基本の防災グッズだけでなく衛生用品もセットに入っているためコロナ禍にもらって嬉しい防災セットになっています。
そのほかに“ふだんでもつかえる”をコンセプトにしたラジオやライト、ランタンはこだわりの機能が満載。
もちろんオリジナル名入れが可能で、印刷範囲も広く企業名やブランド名をアピールできます。

新商品防災セット大解剖!

防災セットが3種類、ついに発売!コロナ禍での避難はウイルス対策グッズも必需品になったことを受け衛生面に特化したポーチタイプ、
防災グッズに欠かせない基本のアイテムがはいったボトルタイプ、玄関先にも置いておける充実の防災用品のはいったサコッシュタイプ。
すべてのセットには「防災ガイド」が付属されており、避難時の注意点やセットされている防災用品の使用方法が記載されています。

新商品POINT

防災ガイド例(サコッシュタイプ)

防災ガイド Page1 防災ガイド Page2

※クリックで拡大できます。

商品画像をクリックすると商品詳細ページへ移動し、在庫数・入荷予定が確認できます
※在庫数や入荷予定を確認するには会員登録が必要です

会員申請はこちら

防災グッズ最新事情

地震や異常気象に加えコロナ禍といういまの市況を踏まえた防災グッズご提案のポイントを紹介します

テレワーク促進により社員の自宅防災準備の必要性が高まる

下記はリモートワークにおける防災対策や安全衛生管理についてのアンケート結果です。
課題があるという回答が80%以上という回答となり、防災対策は急務といえます。
社員への配布、福利厚生として防災セットをぜひご検討ください。

現状の防災対策や従業員の安全衛生管理には
課題があるとおもいますか?

出典:株式会社Spectee社「リモートワークにおける防災と従業員の安全管理」に関する調査より

SDGsと防災対策 啓もう活動のコミュニケーションツールとしての防災グッズ

SDGsのゴールのなかに、防災と関係深いゴールが「11.住み続けられるまちづくりを」
「13.気候変動に具体的な対策を」があります。具体的なアクションに教育、啓発という項目もあり、
企業や自治体は訓練や防災イベント等啓もう活動の際のコミュニケーションツールとして防災グッズのご要望も多くなっています。

11.住み続けられるまちづくりを

都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

豊かな自然がある、障害を持った人やお年寄りにも安心して暮らせる、災害に強いなど、ずっと住み続けたいと思えるまちにします。

13.気候変動に具体的な対策を

気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

異常気象に対応できるまちづくりをしたり、気候変化による影響を出来る限り少なくするように戦略及び計画に盛り込みます。

衛生用品も入った防災セット

災害発生後、3日間必要な防災必需品をセレクトした防災セットです。
形状やデザインはシンプルに、日常に溶け込みつつ、もしもに役立つ防災セットをコンセプトに開発されました。 名入れ範囲も広いため、企業名やロゴも映える仕様になっています。

いくつあっても困らないライト・ランタン

ライトは何個あっても便利な防災グッズです。
避難や移動するときはハンディライト、オフィスや自宅のリビング・玄関にはランタンなど、利用シーンごとにライトのタイプをお選びいただけます。

工夫をこらした防災グッズ

インテリアになじむ防災ラジオや音が気にならないアルミブランケットなど、防災グッズの悩みを解消した、工夫をこらした防災グッズです。

大事な電源供給 ポータブル電源・モバイルチャージャー

スマートフォンなどをはじめ様々な電化製品の充電ができるポータブル電源が注目を集めています。
新型コロナウイルス対策として自宅避難という選択肢も増え、自宅で使える大容量電源も備えておきたい防災グッズです。
移動にはモバイルチャージャーが必需品。大容量タイプ、乾電池式とお選びいただけます。
避難所ではコンセントも少ないため、複数ポートがあるコンセントチャージャーもあると便利な防災グッズです。

MARKLESS STYLEへお急ぎ案件もお任せください!

名入れ
出荷日目安

1色印刷
07/07(水)
フルカラー印刷
07/07(水)
クイック1色印刷
06/28(月)

カテゴリーから探す